活動予定

福岡銀行にて

10月13日(木)

14724460_864650890301186_6734245997942136768_n

10年前から「カンボジア地雷撤去キャンペーン」(CMC)のチャリティ野球を通して支援を継続して頂いた「福岡銀行従業員組合」に対し支援者証と記念品の贈呈を行いました。

同組合はダイエーホークス時代から、現在のソフトバンクホークスに至るまでCMCが毎年実施しているチャリティ野球に毎回200~500人が観戦参加され結果多大なる貢献を頂きました。

14715666_864651443634464_7080896001349241626_o

この継続した支援に対し組合を代表して長尾秀友 中央執行委員長、緒方健一 中央副執行委員長、小嶋雄大中央執行委員の皆様に支援者証とカンボジアの世界遺産「バイヨン」の彫り物を贈りました。

今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

2016年10月14日更新

松島公民館にて講演

10月1日(土)

14445155_855328534566755_3146356831006694350_o

福岡市立「松島公民館」にて「命」をテーマにお話ししました。

タイトルは「カンボジアの現状を通して命を考える」

皆さん熱心に聴いて頂きました。

皆さんの熱い視線に気持ちが入りまし❣️

14445125_855329337900008_4144296264093014498_o

講演の後、吉武輝美さんの呼び掛けで募金が行われ、三宅勝彦館長、坂口直美主事より募金と「書き損じはがき」を頂きました!

本当に有難うございました❣️

 

2016年10月3日更新

第21次スタディツアー 受付開始しました

21%e6%ac%a1%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc

CMCでは、カンボジアにおける地雷被害の現状や現地での活動を広く皆さまに知って頂くために毎年乾季にスタディツアーを実施しています。
【 詳 細 】
● 日程 2017年2月18日(土)~2月27日(月)10日間

● 募集人数 全国から 1 5 名 

● 申込締切 2017年1月25日(水)

 参加費用
220,000円(福岡発着)
230,000円~(成田・関西・名古屋発着)
※成田・関西・名古屋発着は燃油サーチャージにより若干の変動がございます。

ツアー代金に含まれるもの:

往復航空券、燃油サーチャージ、空港税、宿泊費(2名1室)※追加料金でシングルへの変更可能)、ガイド費、現地移動費、観光代(アンコールワット)、行程表記載の食事代、現地コーディネート費
※ビザ代、現地での飲み物代は含まれていません。

ツアー日程詳細はこちら21次スタディツアー行程表

※ツアーの行程・時間は現地の状況により変更になる場合がございます。

●ツアー訪問箇所
1、カンボジアの歴史を知る
・トゥールスレン虐殺博物館(向井理初慰霊塔に納められている虐殺犠牲者の頭蓋骨主演映画「僕たちは世界を変えることができない」で訪問した場所)
・アキラの地雷博物館訪問
・戦場カメラマン  一ノ瀬泰造終焉の地訪問
・世界遺産アンコールワット遺跡群観光

2、現状を知る_DSC2816

・地雷原の視察、ドネーション(撤去現場の見学~爆破処理の立ち会い)
・地雷被害者救済の病院訪問(地雷被害者からヒアリング)

・CMAC地雷犬訓練所訪問
・リハビリセンター訪問

3、現地の人々との交流DSC_0401

・CMCが建設・運営を行う小中学校
・日本語学校 夢に向かって学ぶ若者との交流
・孤児院 子どもたちとの交流

*******************************

●申し込み条件
・年齢不問(過去、CMCのスタディーツアーには小学生~70代の方まで幅広い年齢層の方が参加されております)
・入会制度なし!参加条件として当財団への入会費などは一斉ございません。スタディツアーの参加費だけでご参加頂けます。

●過去参加者の声
http://cmc-net.jp/old/study/2010_kansou.html

●前回の夏休みツアーの映像はこちら→  http://youtu.be/LOjkxpX7ROE

*****************************

○キャンセル料

①旅行開始日の前日から起算して30日目にあたる日以降4日前まで
ツアー代の20%
②旅行開始日の3日前から旅行開始前日まで
ツアー代の50%
③旅行開始当日、または無連絡不参加
ツアー代の全額

******************************

○申込方法
下記①申込書②誓約書をダウンロード、ご記入頂き、③パスポートコピー(顔写真のページ)と合わせてご送付下さい。moshikomiseiyakusho

 

 

メール:cmc5963@gmail.com 電話:092-833-7575
(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン事務局

2016年9月24日更新

大分県立高田高等学校「青鷹祭」

9月9日(金)・10日(土)

14285363_264381157288932_1283842113_o

今年2月のCMCカンボジアスタディツアーに参加された松岡優奈さん(大分県立高田高等学校2年)が学校の文化祭にて、『カンボジアで学んだこと』というタイトルで発表されました。

ご本人から地雷問題を知らない同級生や先輩からはとても好評でした、と報告がありました。まだ高校生ながらツアーやCMC事務所でのボランティア参加などで様々な経験をされて今回の発表となりました。

一人でも多くの人に地雷問題を知って欲しいという松岡さんの思いが本当に伝わってきます。

2016年9月13日更新

「九州・アジア経営塾」にて講演

9月3日(土)

14232049_837260879706854_3683770440865413158_o

「九州・アジア経営塾」での講演は、本当に塾生の皆さんの熱い思いが伝わる質問が多く出されました。

与えられた2時間半では全く足りず、さすがに次代を背負うという気概が感じられました。

14195902_837261386373470_2108091295766810615_o

産学官連携による「アジアをはじめ国際的に通用する志士を長期的視野で養成すること」を目的とした九州地場大手企業の次世代リーダーの皆さんは、11月の現地視察においても、大きな収穫を得られることと期待しています。

2016年9月12日更新

イオン黄色いレシートキャンペーン

8月11日(木)

13923815_820628691370073_8927924210684227240_o

毎月11日はイオンの社会貢献「イエローレシートキャンペーン」の日になっていて、CMC(カンボジア地雷撤去キャンペーン)はその支援先に指定されています。

13925544_820628591370083_1099369376177426992_o

祭日で昼間からショッピングに来られたお客様にインターンの学生諸君と共に協力を呼び掛けました。

子どもさんからご老人まで多くの方が気持ち良くレシートを入れて下さいました。

有難うございました! また、インターンの皆さんお疲れ様でした❗️

13909065_820628958036713_2674014353962371617_o

2016年8月12日更新

天神にて街頭募金活動

8月8日(月)

13892299_818822598217349_3699171187455041991_n

天神三越前にて募金活動を行ないました。

35度を越す暑さのせいか、ポケモンGOのせいなのか、下を向いて歩く人が多い中、声を出して訴えました。

この様な活動を通して、カンボジア現地での支援の難しさ、継続の困難さを実感して頂けばと思います。

今後も地雷被害者ゼロを目指し、若い力を結集して活動を続けたいと思います!

13923285_818823491550593_8953625921695066728_o

2016年8月9日更新

NGO駐在員と行く!夏休みカンボジアツアー 2016

2016hptop

夏休みスタディツアー出発日

日程  9月4日(日) 各地にて出発

ツアー日程アイコン

ライン

ryoukin1 ryoukin2

 
※航空券の手配についてはこちら
ライン 充実の6日間 ライン2 ライン2 学び ライン2 花アキラ地雷博物館DSC_7909

元少年兵のアキラ氏がこれまでに撤去したおびただしい地雷や不発弾が展示されている。カンボジアになぜ地雷が埋められたのか経緯も知ることができる。 ライン2 DSC03785花ワットメイ寺院

キリングフィールドの1つであり、この場所でもポルポト派による虐殺が行われた。慰霊塔には頭蓋骨が並ぶ。 ライン2  花義足リハビリセンターOLYMPUS DIGITAL CAMERA

義足が数多く展示されており、義足が作られる制作過程や地雷不発弾被害者が実際にリハビリをしている所を見学する。   ライン2 花地雷/不発弾被害者へのインタビューOLYMPUS DIGITAL CAMERA

地雷不発弾被害者にどのような状況で被害に遭ったのかなどインタビューを行う。今回は訪問先の中学校に来てもらう予定。

 

ライン2 ライン ライン2 交流 ライン2 花ピンク日本語学校DSC_0353

日本人の女性が運営する最近メディアでも話題の日本語学校を訪問。夢に向かってがむしゃらに日本語を学ぶ若者たちと交流する。 ライン2 花ピンク農村地帯の中学校千代田区ツアーメンバーと中学生

当財団が建設したタイ国境沿いにある中学校を訪問。授業風景を見学して、その後自由に交流♪   ライン  観光 ライン2花みどり一生に一度は行ってみたい!『世界遺産』アンコールワット遺跡群観光 夕日鑑賞付き!(※朝日はオプショナル$30~)

花みどり天空の城ラピュタのモデルとも言われる!ベンメリア遺跡観光
花みどり水上生活の様子を知ることができる!トンレサップ湖を大型ボートでクルーズ、その後小舟に乗り換えて2人1組でマングローブ郡の中を遊覧♪

ライン2 IMG_3858o0640048010882188588 IMG_0042
※写真はイメージです。 ライン2 ライン ライン2過去ツアー参加者感想感想・やすこさん感想・百田さん感想・川田君

ライン2 ライン ライン2 ツアー参加申込 ライン2 下記、申込書と誓約書をダウンロードの上、ご記入後メールかFAXにてご送付下さい。(郵送でも可)
その際、パスポートコピー(顔写真のページ)も合わせてご送付下さい。ライン2 申込書 誓約書 ライン2 【 申込書類 】
①申込書 ②誓約書 ③パスポートコピー 以上3点をメールかFAXまたは郵送でご送付下さい。
Mail: cmc5963@gmail.com
FAX:092-833-7677 ライン2
ライン ライン2 【お問い合わせ】
(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン事務局 TEL:092-833-7575 Mail : cmc5963@gmail.com ライン2 CMCバナー大

2016年7月7日更新

福岡市立 三筑中学校にて平和授業

7月5日(火)

13613327_801164943316448_2819020233948090433_o

カンボジアを思わせる暑さの中、「福岡市立 三筑中学校」(山崎 豊 校長)の全校生徒を対象に平和授業を行いました。

山崎校長とは、30年前からの旧知の仲で一緒に旅行に行ったりしていたが、まだ大学出たての新任教師だった。

その頃から熱血漢だったが今もちっとも変わっていない。

暑さの中でも生徒達はキチンとした姿勢で聴き入り、多くの質問も出された。

13576676_801165156649760_9223085604187028745_o

終了後、生徒会長の権藤君がお礼と地雷問題に取り組む決意を伝えに来てくれた。

本当に気持ちの良い時間だった‼︎

2016年7月7日更新

福岡市立照葉中学校にて平和授業

6月24日(金)

13522762_796043073828635_7458109243713682439_o

福岡市立「照葉小・中学校」(中村浩三 校長)の3年生全員を対象に平和授業を行いました。

照葉中学校は福岡にも3校しか無い小中連携校で、福岡アイランドシティのみを校区とした学校です。

梅雨の蒸し暑さのせいか、集中出来ない子もいましたが、私も汗塗れで90分の授業を勤めました。

13497907_796042887161987_4781535096233191551_o

人工島=アイランドシティ内の学校での授業は初めてでしたが、その設備や校舎の贅沢な作りはカンボジアの其れとは比較さえ出来ない程、恵まれた環境にある事に気づいて欲しいものだと思いました。

2016年6月28日更新

福岡市立 玄洋中学校にて平和授業

6月20日(月)

13483297_794247580674851_6357044254357447901_o

「福岡市立 玄洋中学校」(満島洋人 校長)の全校生徒880人と全職員を対象に平和授業を行ないました。

6月は71年前の「福岡大空襲」(6月19日)や沖縄本島の組織的戦闘が終結した6月23日がある為、授業に呼ばれる機会が多い。

戦後71年が経ち、風化が叫ばれる中、現在の問題として地雷について語る事が人の命の大切さを知る契機になるのでしょう。

13442561_794248204008122_1607745192616281468_o

体育館が満杯状態でムンムンとした暑さの中で生徒達もしっかりと話を聞いてくれました。

 

 

 

 

2016年6月28日更新

大阪市立瓜破西中学校にて講演

6月18日(土)

DSC00180

大阪市立瓜破西(うりわりにし)中学校の1・2年生全員を対象に、平和学習講演会を実施しました。

瓜破西中学校では、2年前にも講演依頼をいただき、現3年生はその際に講演を聞いているため、今回は1・2年生が対象となりました。

DSC00182

カンボジアとはどんな国なのかをクイズ形式で楽しく学ぶことからはじめ、徐々にカンボジアが抱えている問題点へ、そして地雷被害の悲惨さへと話を進めました。

最後は、先生に代表の生徒さん4名を選んでもらって、「地雷原体験」をしていただきました。

私の話を聴 いて、「気づき」を「築き」に変え、何らかの行動に移してくれれば嬉しいです。

名古屋地区責任者 山田勝己

2016年6月20日更新

福岡教育大学附属福岡中学校にて講演

6月13日(月)

13435337_791146907651585_2277869368343147924_n

「福岡教育大学附属 福岡中学校」(木村次宏 校長)の全校生徒を対象に講演を行いました。

聴く態度、質問の質と数は素晴らしいものが有りました。

13412031_791147267651549_1976555427001099502_o

質疑応答は、残念ながら途中で打ち切らざるを得ませんでしたが、アッと言う間の90分でした。

終了後、花束を頂きましたが、瞳の輝きが印象的でした!

2016年6月15日更新

福岡市立箱崎青松中学校にて講演

6月11日(土)

13403939_790074091092200_7568493318687671848_o

土曜日授業の一環として「福岡市立 箱崎青松中学校」(中村ゆみ 校長)の3年生全員と父母を対象に「世界の問題点ー地雷」と題して講演を行ないました。

昨年に続き校長先生も熱心で、質問の時間には、母親からの質問も出されました。

13415429_790074251092184_1738256836858121097_o

世界中で起きている、様々な問題に目を向ける子ども達に育って頂きたいと願います。

2016年6月15日更新

粕屋西小学校にて講演

6月3日(金)

13323460_786520928114183_7128661496695120094_o

粕屋町立「粕屋西小学校」(大石敦 校長)の5年生全員を対象に「地雷の被害とカンボジアの現状」について授業を行いました。

粕屋西小での授業は、山本浩校長時代から大石校長で4代目、10年以上に渡り、その後の田植えから稲刈り迄の子ども達の活動とともに良き伝統となって引き継がれています。

今回の5年生も聞く態度、眼差し、質問の質と数全てにおいて素晴らしいものでした。

今日の授業の後の子ども達の行動が楽しみです。

13308504_786520841447525_2368037878295048267_o

「粕屋西小学校」5年生の授業の後、昨年、田植えや「書き損じはがき」回収などでCMCを支援頂いた6年生諸君に感謝状の贈呈と私の著書「地雷原の子どもたちと共に」や学研刊「左手が無くてもぼくは負けない」の献本を行いました。

13305211_786526888113587_7291576134754047346_o

これは、予定外だったので、他の授業があったのですが、6年生全員が廊下に出て熱烈に歓迎してくれました。

帰り際にはハイタッチや握手、ゲートを作ってくれたりと本当に子ども達との心の一体感を感じジーンと来ました!

13320847_786526621446947_3694745241910349133_o

これまで多くの小中高大学校で授業や講義を行なって来ましたが、その思いをずっと持ち続けてくれる子達が多い事に深い感動を覚えます。

2016年6月6日更新

福岡市立西新小学校にて講演

5月31日(火)

13319765_785256844907258_8622562403355540769_n

「福岡市立 西新小学校」(桐原健司 校長)の6年生を対象に地雷を中心にした平和授業を行いました。

私が授業を始めて、桐原校長で6代目になるとの事です。授業とその後の子ども達の活動と支援は、既に伝統の域に入っています。

13346234_785256964907246_8712070189594143960_o

今年は授業を一学期に行うことによって、取り組みの時間を長くしようとの思いがあったようです。

6年生担当の先生方も児童達も熱心に話を聞き、質問が余りにも多かったので、90分の授業時間に収まり切れませんでした。

今後の活動が楽しみです!

2016年6月1日更新

筑前町立夜須中学校にて講演

5月27日(金)

13323247_783592818406994_7011050483835593673_o

「筑前町立 夜須中学校」(清武道男 校長)の全校生徒400名以上を対象に地雷問題に関する講演を行いました。

この学校は、生徒会担当の二宮真知子先生と生徒会役員が中心となり日頃からボランティア活動に取り組んでいるようで、熱心さが伝わってきました。

13243924_783593188406957_2457456545949937552_o

震災支援や赤い羽根、ボトルキャップ集めなど自分達に出来る事をやろう!という呼び掛けが、私の話の前に生徒会役員から全校生徒に発せられました。

私の話にも全員が熱心に聴き、質問も出されましたが、聴く、話す姿勢の良さを感じました。

今後、「書き損じハガキ」などに取り組んで頂けたらと願っています!

2016年6月1日更新

国際協力フェスティバル in 能古島

3月14日(土)・15日(日)

13221224_777976128968663_8882179523885618478_o

「国際協力フェスティバル in 能古島」では沢山の方がボランティアとして参加頂きました。有難うございます。

会場は多くの子供連れで賑わいました。

CMCブースの方も、本部や他のNGOの応援に入るボランティアさんのおかげでイベントは大盛況でした‼︎

13115947_778112832288326_7356678984057807291_o

またステージでは、CMCカンボジア地雷撤去キャンペーンの紹介をさせて頂きました。

お陰様で今回も、たくさんの笑顔と出会う事ができました。

伊高哲郎ご夫妻と、参加頂いた皆さまに心から感謝申し上げます!

13116444_778113358954940_6821617531584217178_o

2016年5月18日更新

CMCチャリティゴルフ

3月16日(水)

20160317_008

CMCでは、セントラル福岡ゴルフ倶楽部(福岡県筑紫野市)において、CMCチャリティゴルフ大会を開催しました。

本ゴルフ大会は、カンボジア現地活動支援のチャリティゴルフコンペとして開催しました。当日は好天に恵まれ、69名の方々に参加いただきました。コンペ後の表彰式に先立ち先月地雷原の村ボップイで泥水を飲まざるを得なかった子ども達のために「ひまわりの泉2号機」を提供頂いた「ひまわり会」の皆様を代表して的野寛会長に感謝状を贈呈いたしました。

3013_749697838463159_2779037923916224724_n

表彰式では、理事長が参加者や協賛企業への感謝の意を示した後、九州プロレス理事長兼選手の筑前りょう太氏がサプライズで登場しました。会場を盛り上げ、表彰式は盛会のうちに幕を閉じました。

20160317_010-1

参加いただいた皆様、そして協賛をいただいた企業・団体様本当に有難うございました。

2016年3月18日更新

松島公民館にて講演

3月13日(日)

12593725_747913351974941_3027953369284160757_o

本日、福岡市東区「松島公民館」国際情報交流室の主催で講演を行いました。

元々、友人の吉武輝実氏からの紹介ですが、お集まり頂いた皆様は熱心に聴いて頂きました。

12823398_747913541974922_937335056199990901_o

今回は地雷問題について話しましたが、質問も多く出され、当日準備頂いた募金箱には、13,310円と「書き損じはがき」を入れて頂きました。

日曜日の貴重な時間にお集まり頂き、募金まで頂き本当に有難うございました!

2016年3月14日更新

< 1 2 3 4 5 >

CMCからのお知らせ