活動予定

3月8日 国内活動報告

佐世保青年会議所から山縣昌彦 副理事長と角孟 研修国際委員長が打ち合わせに来られました。

2008年にバンティアイミェン州に建設した「CMCコーントライ夢中学校」への訪問と研修に向け、日程と内容について具体的な検討を行いました。

建設当時の曽和理事長らが設立された「夢スクール2008」と連携してコーントライの子ども達との交流継続をお願いしたいと願います‼️

今回は、5月に現地入りして子ども達との協働作業をやろうという事で調整することになりました。

上手く実現出来るよう願っています。

佐世保JC

2019年3月12日更新

3月7日 国内活動報告

「新宮町立 新宮東小学校」(井上泰博 校長)の「CMCカンボジア スマイル・プロジェクト」に対する感謝状と記念品の贈呈式が行われました。

新宮東⑤

昨日の「ソクチェンダ大臣との交流会」の中で皆さまの前で大臣立会いの下「書き損じはがき」等の贈呈式が行われましたが、はがき だけで16,000枚以上、トータルでは60万を軽く超える金額相当になります。

新宮東⑧

これまでの「書き損じはがき回収プログラム」史上最高の記録は5年生の時に私の授業を受けた現在の6年生が中心となって達成されましたが、先生方や地域の協力、その他 創意工夫を凝らして取り組んだ結果です。

偶々、本日も風船プロジェクトで支援を呼びかける手紙を風船に付けて校庭から飛ばしたものを大分の阿部さんが見つけ送って下さったハガキが届いたばかりでした‼️

新宮東➃

先月帰国したばかりの私から、直近のカンボジアの報告を行い、児童代表に感謝状及び、カンボジアの孤児院の子ども達が作った影絵のスバエク、CMCシールを贈呈致しましたが、子ども達からも、温かい感謝状を頂きました 。

新宮東⑥

カンボジアで「新宮東小学校」の名前が残る事業に使いたいと思います。

2019年3月8日更新

3月5日 国内活動報告②

「筑紫野市立 筑紫野中学校」(三苫英二 校長) で「書き損じはがき」及び「未使用切手」の贈呈式がありました。

筑紫野➀

同校では生徒会( 加野未来 会長)を中心に、全校生徒及び教職員一丸となって回収プログラムを実行して、その経過や結果を「生徒会新聞」で発表して来たそうです。

筑紫野➂

本日は、校長室で生徒会代表の皆さんから贈呈頂きましたが、昨年の3倍以上(恐らく2,600枚以上)あるとのことでした‼️

正式にカウントした後、報告と感謝状の贈呈を行いたいと思います。

本当に有難うございました。

筑紫野➃

2019年3月8日更新

3月5日 国内活動報告①

「筑紫野市立 二日市東小学校」( 高倉 修 校長 ) の活動に対する感謝状の贈呈式を行いました。

二日市東⑯

同校では、6年生が サツマイモ を栽培、そして販売した売上げや、全校に呼び掛けて集めた「書き損じはがき」や切手など、約12万円相当をご寄付頂きました。

これは、今年度集計中の中で全国の学校で一番の数字です‼️

本日は、私より児童代表に感謝状、記念品(孤児院の子ども達が作った影絵のスバエク)、受領明細書を手渡しました。

二日市東⑰

6年生は、もうすぐ卒業 そして中学生になります。素晴らしい活動をした誇りを持って進学してください。

二日市東⑭

有難うございました。

2019年3月8日更新

3月3日 国内活動報告

「公益社団法人 国際IC日本協会」( 矢野弘典 理事長) の九州サークルで講演の機会を頂きました。

国際IC➀

IC( Initiatives of Change ) は1人ひとりの思いで家庭・職場・学校・地域社会・国 、ひいては民族や国と国の間にも良い変化をもたらそうという実践的活動で、世界60ヶ国以上で活動している国連認定の国際NGOです。

矢野弘典 理事長は、「横綱審議委員長」「公益財団法人 産業雇用安定センター 会長」など多方面で活躍されています‼️

皆さん熱心にお聴き頂き、質問も出されました。

国際IC②

「西日本国際財団」の前 事務局長の渡辺明治さんのご紹介で講演が実現しましたが、久留米大学 福岡サテライトの筒井博人 室長にお会い出来たのは嬉しいことでした。

メンバーの方のお子さんが、私の授業を受けたことがあったそうで、もう相当以前の話なのに、学校の授業は忘れてしまったけど、私の話だけはハッキリ覚えていますと有り難いお言葉を頂き嬉しくなりました。

2019年3月8日更新

2月27日 国内活動報告

「筑紫野市立 二日市東小学校」( 高倉 修 校長 ) の6年生175人による「書き損じはがき」切手、支援金の贈呈式が行われました!

二日市東②

同校の6年生は、昨年6月に私の授業を受けた後、自分たちに出来ることとして、「サツマイモの栽培と販売」「書き損じはがき」や切手の回収などの活動を続けて来たそうです。

本日は、サツマイモを販売するなどした義援金30,000円、切手16,074円分、「書き損じはがき」2,231枚など計12万円相当を手渡して頂きました‼️

児童たちが、活動の様子を写真で説明した後に贈呈されましたが、胸が熱くなりました。

二日市東➀

その後、1週間前に帰国したばかりの私からCMCの現地活動、支援金がどのように使われているかなどについて報告を行いました。

二日市東⑤

自分の利益の為なら犯罪紛いの事を平気で行う情け無い大人が増える中にあって、弱い立場や厳しい状況にある人々に心を寄せ、問題解決に向け行動する子どもたちに感謝と拍手を送りたいと思います。

本当に有難うございました!

2019年3月8日更新

2月25日 国内活動報告

CMC事務局には、インターンやボランティアで「書き損じはがき」の整理などを手伝いに来て頂くお陰で活動が進んでいます!

今日も、照海 真子 さん(九州大学薬学部 1年生)や 松永則子さんが来て下さいました。

ハガキカウント風景②

丁度そこに、松山市の計良勝利さんから伊予のみかんがたくさん届きました‼️

計良さん➀

計良さんとは家族でトルコ🇹🇷に行った時からお付き合いさせて頂いておりますが、今、ニュージーランド🇳🇿に留学中の宇宙(はるか)が小学校に上がる前ですから10年以上になります。

現在も、ご支援を頂いていますが、今回もみかんに添えて私の健康を気遣うお手紙が入っていました。

皆んなで頂きたいと思います、本当に有難うございました!

2019年3月8日更新

2月23日 国内活動報告

CMCの評議員 田中岳司さんが、2月13日に「久留米市立 江南中学校」から受け取った「書き損じはがき」を本部に届けてくれました。

田中さん➀

新聞各紙のご協力もあり、CMC事務局には、毎日のように「書き損じはがき」やテレフォンカード、未使用切手などが届いています。

本当に感謝に堪えません。今回は、生徒代表の山口朋花さんの「世界の人を救ってください」という手紙が添えられていました‼️

江南中➂

また、田中さんが「ベーカリー昴」の美味しい食パンも届けてくれました。

頑張ります、有難うございました!

2019年3月8日更新

第23次スタディツアー 受付開始!

第23次スタディツアー(HP用)

CMCでは、カンボジアにおける地雷被害の現状や現地での活動を広く皆さまに知って頂くために毎年乾季にスタディツアーを実施しています。
【 詳 細 】
● 日程 2019年2月10日(日)~2月19日(火)10日間

● 募集人数 全国から 1 5 名 

● 申込締切 2019年1月11日(金)

 参加費用
230,000円(福岡発着)
240,000円~(成田・関西・名古屋発着)

※申込時期により金額に変動が生じる場合が御座います。

※成田・関西・名古屋発着は燃油サーチャージにより若干の変動がございます。

ツアー代金に含まれるもの:

往復航空券、燃油サーチャージ、空港税、宿泊費(2名1室)※追加料金でシングルへの変更可能)、ガイド費、現地移動費、観光代(アンコールワット)、行程表記載の食事代、現地コーディネート費
※ビザ代、現地での飲み物代は含まれていません。

※ツアーの行程・時間は現地の状況により変更になる場合がございます。

●ツアー訪問箇所
1、カンボジアの歴史を知る
・トゥールスレン虐殺博物館(向井理初慰霊塔に納められている虐殺犠牲者の頭蓋骨主演映画「僕たちは世界を変えることができない」で訪問した場所)
・戦場カメラマン  一ノ瀬泰造終焉の地訪問
・世界遺産アンコールワット遺跡群観光

2、現状を知る_DSC2816

・地雷原の視察、ドネーション(撤去現場の見学~爆破処理の立ち会い)
・地雷被害者救済の病院訪問(地雷被害者からヒアリング)

・小学校建設現場・貯水タンク訪問
・孤児院訪問

3、現地の人々との交流DSC_0401

・CMCが建設・運営を行う小中学校

・孤児院 子どもたちとの交流

・映画「僕たちは世界を変えることができない。」で向井理が泊まった家

※受入先の都合により訪問先に変更が生じる場合が御座います。

*******************************

●申し込み条件
・年齢不問(過去、CMCのスタディーツアーには小学生~70代の方まで幅広い年齢層の方が参加されております)
・入会制度なし!参加条件として当財団への入会費などは一斉ございません。スタディツアーの参加費だけでご参加頂けます。

●過去参加者の声
http://cmc-net.jp/old/study/2010_kansou.html

●以前のツアーの映像はこちら→  http://youtu.be/LOjkxpX7ROE

*****************************

○キャンセル料

①旅行開始日の前日から起算して30日目にあたる日以降4日前まで
ツアー代の30%
②旅行開始日の3日前から旅行開始前日まで
ツアー代の60%
③旅行開始当日、または無連絡不参加
ツアー代の全額

******************************

○申込方法
下記①申込書②誓約書をダウンロード、ご記入頂き、③パスポートコピー(顔写真のページ)と合わせてご送付下さい。

 

moshikomi

seiyakusho

 

 

 

メール:cmc5963@gmail.com 電話:092-833-7575
(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン事務局

2019年1月11日更新

12月9日 国内活動報告

中村学園大学の中村芳生ゼミの学生さん達と、天神で募金活動を行なってきました!!

準備段階から自分達で募金を企画し、募金箱作成を行い、本番の今日も先生を含め13名が参加してくれました。

48156113_1766456910132764_3853528298164322304_n

今年1番の寒さの中懸命に声を出した甲斐があり、¥38,150の募金が集まりました!!

47577611_1766456950132760_2750130343460732928_n

今回の取り組みはただ募金をするだけではなく、今度は集まったお金でカンボジアの子供達への贈り物を購入し、2月にそれを自分達の手でカンボジアの子供達に渡しに行くという素晴らしい内容になっています。
こういった活動を他の学校でも展開できればと考えています!

中村芳生ゼミの皆さん、本当にお疲れ様でした!!

47578221_1766457000132755_7656495687269351424_n

2018年12月10日更新

11月12日 国内活動報告

11月10日に「住吉フェスタ」と銘打ってカンボジアの地雷問題に関する写真パネル・地雷模型の展示や映像を流して「書き損じハガキ」プログラムに協力頂いた「福岡市立 住吉小中学校」の徳久君恵 先生がお見えになりました!

徳久先生

これまで何度か授業にも伺いましたが、学校を上げて取り組んで頂くことは本当に嬉しいことです。

住吉中➀

住吉中➂

住吉中②

来年、私がカンボジアに行く前に贈呈式をしたいということでした!

有難うございます、楽しみにしています。

2018年11月13日更新

11月11日 国内活動報告

本日まで「ハートフルフェスタ」が開催されました!

まぁ、予想通りの集客の無さでしたが、CMC田中さんの「美味しい食パン」は完売したようで安心しました。

ボランティアで手伝って頂いた松永則子さん、吉村灯音さん、真次弘子さん、お疲れ様でした、「オックン チュラン !」

ハートフルフェスタ② ハートフルフェスタ➀ ハートフルフェスタ➂

また「越境会」福岡支部長の光武さんから差し入れを頂ました!

これこそがハートフル、有難うございました!!

2018年11月12日更新

11月7日 国内活動報告

「福岡教育大学 2018年度夏季研修報告会」に参加しました!
福岡教育大学では、毎年夏休みを利用してカンボジアでの現地インターン活動をされています。

45595417_1910423729035814_4431351238000377856_n

今年は11名の学生さんと2名の引率の先生が参加されました。中にはこの研修に参加する為に福岡教育大学に入学を決めた学生さんもいて、驚くと同時にその若さで自分の視野を広げたいという思いを持っている事に感心しました!

研修中はCMCボップイ三好小学校を始め、地雷被害者宅、JICA、一二三日本語学校等を訪問。カンボジアのJICAには、CMC大谷理事長の講義を機にCMC主催のスタディツアーに参加する等、カンボジアに魅了され見事希望していたカンボジアのJICAで働いている、日高光枝さん・上原慶子さんがおられます。実はこのお二人も福岡教育大学出身であり、学生さんたちは先輩の話を真剣に聞いていた様です。

学生さんの報告では、カンボジア人の大らかさや子どもたちの人懐っこさに感動した話から、地雷被害者へのインタビューを通しカンボジアの負の歴史に触れた事まで、それぞれが感じた率直な思いを報告してくれました。

福岡教育大学報告会②

その中でも嬉しかったのは「今回の研修で自分が感じた事を、自分の生徒達に自分の言葉で伝えていきたい」と言ってくれた事です。今後も今回の研修で感じた思いを忘れず、ぜひ一人でも多くの方に伝えていってほしいものです。

福岡教育大学報告会➂

また、こういった活動を他の大学でも実施していきたいと改めて感じました!

2018年11月9日更新

10月20日 国内活動報告

「ひまわり会」の10周年記念パーティにご招待頂きました。

的野 寛 会長や小林 賢治 副会長始め会の中心メンバーの皆さんと共に歩んで10年。

的野会長

小林副会長

CMCが地雷原に建設した学校に「ひまわり会」の皆さんが併設してくれた「ひまわりの泉」のお陰で、子ども達は泥水を飲まずに済むようになって来ました 。

何と言っても元気な仲間。今日はその友人達も含め180人もの人が集まりました。

大谷挨拶

10周年、本当におめでとうございました️!
今後とも宜しくお願い申し上げます。

2018年10月29日更新

10月18日 国内活動報告

現地駐在員の樋渡吉行君が一時帰国したので、事務局会議。

44350399_1634457879987146_8189072894693736448_n

養豚プロジェクトやラジオ番組「ボイス オブ ハート」、そして新規学校建設など多くの懸案事項の進捗状況と今後の対策について話し合いました。

44339346_1634457876653813_1196367989318877184_n

まずは、21日に迫った西日本カンボジア友好協会の視察ツアー、「CMCコーントライ夢中学校」「CMCトゥールポンロー中学校」の卒業式、「CMCボップイ三好小学校」の1周年の成功に向け万端の準備を進めることで一致しました。

 44319289_1634457863320481_2753988160395411456_n

2018年10月29日更新

10月11日 国内活動報告

「一般財団法人 カンボジア地雷撤去キャンペーン」(CMC)の役員会を開催しました。

今回は会場が取れずに事務所にて行いましたが、役員の内2人がカンボジアにいるので少し寂しい気もします。

43828636_1625402797559321_7858340381174267904_n

書けませんが、ここのところのカンボジア現地の状況について詳しく報告した後に、審議事項に移りました。

「講師養成合宿」については延期と決まり、来月の「ハートフルフェスタ」の取り組みの分担を決めました。

私は、今月21日からカンボジアツアーが続くのでその成功に向けて準備を進めて参ります。

43727030_1625402807559320_7469770016980729856_n

皆さんお疲れ様でした!

2018年10月29日更新

10月2日 国内活動報告

「九州アジア経営塾」(KAIL)へ。

KAILでは2年前の9月3日に塾生の皆さんのベトナム・カンボジア視察の前に質疑応答まで入れると3時間という長く深く充実した講演をさせて頂いた事を思いだす。

42902797_1613451122087822_7709221951335563264_n

カンボジア視察のコーディネートも致しましたが、2年前の事務局担当者は皆さん出向元に戻られました!

今は同行した池田君の高校時代の同級生、市川智也さん(西日本シティ銀行より出向)始め新メンバーばかり‼️

42941457_1613451125421155_5046570148845060096_n

KAILの塾生の皆さんは、企業の幹部や経営者候補者ばかりなので、真剣に取り組む人が多く、今後も良い繋がりを持っていたいものです。

42967013_1613451128754488_7320312357740085248_n

2018年10月29日更新

10月1日 国内活動報告

本日、(社)佐世保青年会議所より黒川 大 副理事長と橋之口 裕太 拡大国際委員長(佐世保市議)が来られました。

42854483_1612205135545754_4122783156614987776_n

今年は佐世保JC55周年記念事業として取り組まれた「CMCコーントライ夢中学校」が開校して10年目の記念すべき年にあたります。

42849272_1612210032211931_9108012084322369536_n

今月24日には曽和英徳元理事長と共に卒業式や記念事業として、やっと村に来た電気を学校まで送電し、ファン(扇風機)や電灯の設置を行う予定です‼️

今年は佐世保JCの現役メンバーにとっても創立65周年という重要な年にあたりますが、コーントライ夢中学校建設時を知るメンバーの多くが卒業して行ったという現実もあります。

今後、どの様な形で現地支援を継続して行くかを探っていくことになりました。

2018年10月11日更新

アキラ氏[平和学習]講演会 参加者募集!

akira_lecture_201809

鳥光宏氏が主催されるアメリカCNN 世界のHEROベスト10に選ばれたアキラ氏の講演会を下記の日程で開催致します。
アキラ氏は、カンボジア人で地雷除去活動家です。アキラ氏自身で撤去した地雷や不発弾を集めて安全処理・展示した「地雷博物館」を運営し、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを伝えています。

アキラ氏の貴重な講演会にぜひご参加ください。

講演会のお申し込みはこちら
東京会場 https://ex-pa.jp/item/8993
沖縄会場 https://ex-pa.jp/item/8994

2018年8月7日更新

大阪市立梅南中学校にて授業

7月7日(土)

image3

大阪市立梅南中学校の「平和・人権登校日(土曜授業)」で、「悪魔の兵器“地雷”」について大阪事務局の森本が、約140名の生徒、先生にお話しました。

地雷の「残虐性」、「残存性」、「無差別性」については質疑応答の時間を取り、模擬体験では各学年から一人ずつ防護服とヘルメットの着用、探知機を扱う体験も経験してもらいました。

image2

この日の外気温がカンボジアの年間平均気温の38度、湿度80%にほぼ近いこともあって、生徒たちは蒸し暑さと戦いながら重たい機器を使っての地雷撤去の大変さを実感してくれたようです。

生徒の一人は「戦闘員でない民間の人が、戦争も終わったのに地雷を踏んで手足が傷つくことは許せない。」と話していました。

2018年7月11日更新

< 2 3 4 5 6 >

CMCからのお知らせ