活動予定

8月26日

8月26日

コーントライ中学校へ行き、サッカーをして交流しました。その後に現地人スタッフが先生をしている塾へ見学しました。

201608262
サッカーでは灼熱の中、もう一回しようと生徒にせがまれたのが嬉しかったです。
201608263
校長先生とも対談でき、貴重なお話を聞けました。
特に校長の過去は壮絶でした。
201608266
塾は元気いっぱいの子供に圧倒されました。
セレモニーがあまりにも歓迎しすぎているので、とても緊張してしましました。
とても濃い1日を過ごせたと思います。
201608261
27日がこのグループにとってのバッタンバン最終日!楽しみたいと思います。

2016年8月26日更新

8月25日

8月25日

ボップイ小学校にインターンの皆さんと行きました。

201608251
ついたと同時に生徒がインターンの皆さんに抱き着く、遊ぶだったのでとても楽しかったです。
その後に村人に教育に関するインタビューもでき充実した1日になりました。

201608252
最後は空港の滑走路でパシャリ!
一つでも良いので何か発見できるインターン期間にしたいと思います。

2016年8月25日更新

8月24日

8月24日

福岡教育大学より8名のスタッフと学生さんが9日に渡るインターンにお越しになりました。
大所帯ということで2チームに分かれ、1つはダルマ孤児院へ。もう1つがCMCに来ました。
みなさん若干20歳ですので若い!!
このエネルギーを明日からのインターン活動にぶつけたいと思います!

201608241

ダルマ孤児院組です。英語の勉強などを手伝っています。

201608242

プノンサンポウで内戦について学びました。

2016年8月24日更新

8月20日

8月20日

201608211
佐世保JC御一行様が支援先であるコーントライにお越しになりました。先日には太陽光パネルの設置を支援していただき、現地のニーズに合わせた支援をされております。
201608212
今回はそれだけでなく、ペンやノートの寄付も直接行われ生徒とも触れ合いました。
201608213
授業見学や佐世保JC皆さんの職業あてゲームなど大変盛り上がりました。
201608214
8年前に出来たこの学校で設立時のパネルなどを懐かしく見ていらっしゃったのが印象的でした。
201608215
最後はダンスで交流を深めました。
学校設立時以来の訪問だった方もいらし、当時の道の悪さや街の状況など勉強になりました。

2016年8月20日更新

8月8日

8月8日

駐在員が小学生の時、読書感想文でインドのストリートチルドレンの本を読みました。その中で印象的だったのは、「彼らが裸電球ひとつで勉強している。」と言う文章です。
裸電球すら知りませんでしたが、貧しさが伝わってくる一文でした。
しかし、カンボジアの学校には電球が一つもありません!!

201608082

 

201608083

今回太陽光パネルの設置に伴い電球が学校に来ました!
201608081
校長は「雨でも勉強ができる」と大変喜んでいました。
生徒たちが勉学に励んでくれることに期待です!!

2016年8月8日更新

8月2日

8月2日

1枚目の写真を見て、何を感じるでしょうか?
201608021
きれい、何もない、いい天気、色々な意見が出ると思います。

201608022

ここは2枚目の地雷被害者の方の裏庭です。
ここから3キロ先には今日も地雷撤去が行われています。
1枚目の様な農業ができるようになるまで、数年は短くてもかかるそうです。
きれいな場所に戻すのがいかに大変か、地雷の恐ろしさを感じます。

2016年8月2日更新

7月26日

7月26日

本日はエマージェンシーホスピタルにてRachnaさんと今期のラジオ出演者のミーティング開きました。
201607261
エマージェンシーホスピタルは地雷被害にあった方が最初に行く病院ため、現在でも何名か地雷被害者います。
そのことも踏まえ、いろいろなアドバイスをRachnaさんからいただき、収穫の多いミーティングなりました。

2016年7月26日更新

7月12日

7月12日

ひまわり会の皆様ボップイ小学校にある「ひまわりの泉二号機」にひまわり会様のマークを描きに来ていただきました。
201607121
以前は真っ白だった貯水タンクも魂が込められたように輝いております。
201607122
他三面は子供たちが思い思い描き素晴らしい作品になったと感じます。英語ができる子もいてうれしい言葉書いてくれました。
201607123
後は雨が降って貯水タンクが使えるようになるのを待つだけです!!

2016年7月12日更新

7月8日

7月8日

雨季に備え田植えが始まりました。

201607081
日本とは違い苗からではなく、種からまきます。
広大な面積を手作業で行うため、2週間かかるとのこと。

201607082
種を入れたバケツは50kgもあるため少し体験しただけで汗だくでした。
種まきには地雷被害者もいらして、大変厳しい労働環境だということを実感しました。
201607083
目印に使うものもとても古典的で味があります。
早く雨が降るといいですね!

2016年7月8日更新

6月23日

6月23日

ボップイ小学校にくる人は、休む木陰が少ないと思うことが多いらしく、校長の提案でマンゴーの木を植えました。

201606233
次の日には生徒たちが、牛に食べられないよう囲いを作ったとのことです。
生徒だけでできることに驚愕するとともに、彼らが責任を持って管理していることに感謝です。
201606231
そして、生徒のことを一番に考える校長のいる学校は最高です!
201606234
最後にバナナの葉っぱのお昼ご飯でした。珍しい物も経験できます。

2016年6月23日更新

6月8日

6月8日

カンボジアで数十年に一度の旱魃発生

日本語でも記事になりましたが、雨季のはずがほとんど雨が降りません。雨量が少ないからか、都市部でも断水や停電が頻繁に起こっています。未だ病気などが流行っているといった報告はありませんが、対策は重要です。国単位でなく、村、地域単位での食料の貯蓄、ため池の建設などが必須です。

201606081

写真1:バッタンバン市内の川の水位が低すぎる。

201606082

写真2:本来であれば川となっている場所

2016年6月8日更新

6月2日

6月2日

先日からカンボジア人のFacebookを賑わせている写真があります。
どこの写真かと思っていたら、5月29日に行われたカンボジア対東ティモールのサッカーの試合とのことです。
201606022
南米では当たり前の写真ですが、カンボジアでこれほど人が集まるのは珍しいと話題になっていたそうです。
201606023
一説によれば、昨年11月17日に行われたカンボジア対日本の試合以降にサッカー熱がカンボジアを覆ったとのこと。
日本にとっては大変光栄なことでありますが、スタジアムの老朽化、収容人数を増やすなど熱を冷まさない対策が必要です。
タットヴォーカー!!

2016年6月2日更新

5月30日

5月30日

先日 Chhouy Thyさんより、「大した額ではありませんが、少しでも役に立てていただけたら」とのことで寄付をいただきました。
201605301
Chhouyさんは日頃からCMCにご協力をいただいております。
現地の方々と一緒になって活動できることは嬉しい限りです!!

2016年5月30日更新

5月27日

5月27日

友人のシナラが社長をしている雑誌「ラ・レーヌ」(女王)にCMCが障がい者の自立支援に取り入れようとしている「さをり織り」の事が2ページに渡って掲載されました。
201605271

「ラ・レーヌ」はファッション、経済の全国誌として有名でカンボジア中どこの書店にも置いてある。
201605272201605273

今回は、先週ニョニュムショップで打ち合わせたアマロとロットナの活動が取り上げられている。

今後、技術力アップによる高付加価値とメディアによる知名度アップ、販売の出口戦略の確立などにより、自立に繋げて行きたいものです。

2016年5月27日更新

5月21日

5月21日

地雷被害者など障がい者の自立支援に活用されている「さをり織り」

その普及の為に、現在カンボジアで「さをり織り」の作品を作っているアマラとロットナをニョニョム ショップに案内。
201605211

オーナーの山崎幸恵さんとショップ担当の西村望美さんを紹介。製品を見てもらい、ニョニョムショップでの販売や実演、雑誌上での広報などについて相談する。
201605212

何れにしても、「障がい者が作っているから」などの理由で同情を買う事なく、クオリティの高いものを作ることが条件だ。
201605213

良い形で組めるように2人には頑張って欲しいと思う。

2016年5月21日更新

2月26日

2月26日

コーントライ中学校の授業参観では、

20162262

福岡教育大学の学生である上原慶子さん、日高光枝さんによる模擬授業で漢字、カタカナ、ひらがなが日本語にある事を教えたり、

20162261

高校生の松岡優奈さんが持って来た「折り紙」を教えたりと、楽しい時間を過ごしました!

20162263

2016年2月26日更新

2月24日

2月24日

20162249

爆破処理を終えた後、現場でMAGのMAT-1チーム(MAGの中でも実際に地雷撤去をするチーム)と一緒に記念撮影。
集合地点に戻り、CMCより5000 USDのドネーションを行なった。

20162248

今回は3回目の視察参加となったCMC大分事務局責任者の羽田野勝利さんからMAGのトゥーン氏に手渡して頂いた。

猛暑の中での撤去活動の困難さを実感し、地雷原を後にした。

2016年2月24日更新

2月24日

2月24日

デモンストレーションの後、各自ヘルメットとプロテクターを装着し現場に入る。

20162245

タイプ69、タイプ72などの地雷が密集して発見、処理された場所を通り、今回見つかったタイプ69の現場へ。

20162244

この地雷は、破片式で多くの破片が飛び散る為、200m程離れて爆破処理する。

20162247

清水一秀社長は360度カメラを設置してその様子を撮影した。

轟音と共に爆破されたが、映像が完成するのが楽しみである。

2016年2月24日更新

2月24日

2月24日

今朝、7時半にMAG(マイン・アドバイザリー・グループ)のバッタンバン オフィスを出発し、タイ国境の町パイリンの地雷撤去現場に向かう。
国道57号線を西に向かうこと1時間半で「カン レック ストン C 地雷原」着。

20162241

ここは昨年12月に訪れた場所だ。今年1月22日までに撤去活動終了の予定だったが、地雷の多さと隣接地も地雷原であることが分かり、3月16日まで延長されたという。

これまでに地雷で44人、不発弾で17人の被害者が出ており、内5人が亡くなった。

撤去活動により、対人地雷132個と不発弾7発が処理された。

20162242

20162243

先ず、自己責任での訪問であることの署名を行い、バッタンバンの責任者トゥーン氏に説明を聞く。

2016年2月24日更新

2月21日

2月21日

本日、CMC第20次スタディツアーの福岡空港からの参加者が、出発致しました。
私は1便遅れで出発しプノンペンで合流します。

20162211

2016年2月21日更新

< 1 2 3 4 5 >

CMCからのお知らせ