活動予定

9月11日

9月11日

今年のバッタンバンは、雨期に入っても雨が少なく、稲が危機に瀕しています。

201609115

川や水路の本流近くは良いのですが、

201609116

水路の支流になるとだんだんと水量が減り、ボップイ村に近づくと干あがっています。
201609114

バッタンバン州はカンボジアの中でも米どころ。美味しいお米が穫れるのですが、既に稲が黄色い変色した田んぼが広がっています。

本当に心配です。

2016年9月11日更新

9月11日

9月11日

201609111

ほんの少し前まで、ボップイ村の人たちが飲んでいた溜め池の水。

今から12年前に「古賀市立 舞の里小学校」の子ども達がアルミ缶を集めた資金で完成した命の水を提供してきました。

「ひまわりの泉」が完成した今、農業用水や家畜の飲み水として役割を変えようとしています。
201609112

私が感慨に耽りながら池に行くと、子ども達がゾロゾロついて来て、いきなり飛び込みました。
201609113

時の流れと、支援の拡がりにより、変化して行く村の姿を感じた1日でした。

う〜ん、感無量!

2016年9月11日更新

9月10日

9月10日

201609104

今日は、2004年7月にバッタンバン州の地雷原に最初に建設した「CMCボップイ安倍小学校」へ。

201609105

校舎は12年の月日の流れで、傷みが目立ちますが、「ひまわりの泉」2号機から綺麗な水が出て、子ども達が飲んでいる姿に感動しました❣️

雨期に入っても雨が降らず、タンクに溜まらない状態が続き、7月迄はみんな泥水を飲んでいました。

本当に良かった!思わず私もゴックン。
201609106

「ひまわり会」の皆さんに早く報告したいですね〜!

2016年9月10日更新

9月9日

9月9日

午後からは「CMCトゥールポンロー中学校」(KODAMA SCHOOL)の卒業式。
201609094

2010年、カンボジアの中でも地雷被害が最も多い地区の一つだったバンティアイミエンチャイ州マライ郡に建設した学校は、着実に発展しています。

201609092
201609093

この中学校のサッカーは地域一の強さで昨年の「福岡サッカーウィーク」ではチームの選手をプノンペンに招待し、「アビスパ福岡」U18の選手達と交流しました。
201609091

今年の卒業式では20人が卒業。その殆どが高校に進学する事になりました。

これも「株式会社 データ・マックス」様の継続支援のお蔭です。

有難うございました❣️

2016年9月9日更新

9月9日

9月9日

佐世保JCのOBで「CMCコーントライ夢中学校」を継続支援して行こうと結成されたNGO「夢スクール2008」。
201609095

学校到着後、今年度卒業生への「卒業証書授与式」の予定でしたが、人生、何が起こるが分かりません。
201609098

ってな訳で、証書無しの式典に成りましたが、子ども達にとっては、代わりのプレゼントがヨリビッグ❣️⁉️
201609096

思い出に残る式典になったと思います。
201609097

曽和英徳理事長、一田晶壽副理事長、有難うございました❣️

2016年9月9日更新

9月9日

9月9日

2008年に「佐世保青年会議所」の全面的支援により開校した「CMCコーントライ夢中学校」に到着。
201609099

今年の卒業生はじめ、熱烈な歓迎を受けました。

昨年は「ワールドカップ サッカー 2次予選」に絡めて今回の卒業生をプノンペンに招待。
201609090

佐世保JC OBの熱い思いを感じます、「熱男!」

毎年、毎年、子ども達の顔を見に来て頂く事に深謝❣️

2016年9月9日更新

9月9日

9月9日

201609102

朝食6時、7時出発で由緒ある「タ・プロム ホテル」を後にバンティアイミエンチャイに向う。

CMCが建設した中学校の卒業式だ。

201609101

それぞれの学校建設に御尽力頂いた「佐世保JC」OBでその当時の理事長、曽和英徳さん、副理事長だった一田晶壽さん、「株式会社データマックス」の児玉崇さん、吉井陸人さん、伊地知寛さん及び、CMCの現地スタッフで出発。

子ども達の待つ学校へ、いざ出発❣️

2016年9月9日更新

8月29日

8月29日

29日、この日はボップイ小へBチームが訪れました。
201608291
到着後はボップイ小の生徒による整列!
201608292
自己紹介を行うといきなり遊びに入り、写真を撮る暇すらありませんでした!
201608293
最後にボールペンや鉛筆を配りましたが、上半身裸なのはみんな池に落とされたからです。
色々な経験ができ、とても楽しかったようです。
前半はダルマ孤児院にいたため子供たちのつかみがとても上手でした。

2016年8月29日更新

8月27日

8月27日

27日、こちらのチームがバッタンバンに滞在する最終日です。
201608271
この日は地雷被害者3名へインタビューを行いました。

201608272

被害にあった時、足がないとわかった時、若い世代へ何を伝えたいかなど様々な意見を聞くことができ、最終日も濃い1日となりました。

201608273
インターン生が来る前は何の活動をすれば、彼らのためになるか分からずあたふたしておりましたが、勉強になったそうで嬉しいです!!

2016年8月27日更新

8月26日

8月26日

コーントライ中学校へ行き、サッカーをして交流しました。その後に現地人スタッフが先生をしている塾へ見学しました。

201608262
サッカーでは灼熱の中、もう一回しようと生徒にせがまれたのが嬉しかったです。
201608263
校長先生とも対談でき、貴重なお話を聞けました。
特に校長の過去は壮絶でした。
201608266
塾は元気いっぱいの子供に圧倒されました。
セレモニーがあまりにも歓迎しすぎているので、とても緊張してしましました。
とても濃い1日を過ごせたと思います。
201608261
27日がこのグループにとってのバッタンバン最終日!楽しみたいと思います。

2016年8月26日更新

8月25日

8月25日

ボップイ小学校にインターンの皆さんと行きました。

201608251
ついたと同時に生徒がインターンの皆さんに抱き着く、遊ぶだったのでとても楽しかったです。
その後に村人に教育に関するインタビューもでき充実した1日になりました。

201608252
最後は空港の滑走路でパシャリ!
一つでも良いので何か発見できるインターン期間にしたいと思います。

2016年8月25日更新

8月24日

8月24日

福岡教育大学より8名のスタッフと学生さんが9日に渡るインターンにお越しになりました。
大所帯ということで2チームに分かれ、1つはダルマ孤児院へ。もう1つがCMCに来ました。
みなさん若干20歳ですので若い!!
このエネルギーを明日からのインターン活動にぶつけたいと思います!

201608241

ダルマ孤児院組です。英語の勉強などを手伝っています。

201608242

プノンサンポウで内戦について学びました。

2016年8月24日更新

8月20日

8月20日

201608211
佐世保JC御一行様が支援先であるコーントライにお越しになりました。先日には太陽光パネルの設置を支援していただき、現地のニーズに合わせた支援をされております。
201608212
今回はそれだけでなく、ペンやノートの寄付も直接行われ生徒とも触れ合いました。
201608213
授業見学や佐世保JC皆さんの職業あてゲームなど大変盛り上がりました。
201608214
8年前に出来たこの学校で設立時のパネルなどを懐かしく見ていらっしゃったのが印象的でした。
201608215
最後はダンスで交流を深めました。
学校設立時以来の訪問だった方もいらし、当時の道の悪さや街の状況など勉強になりました。

2016年8月20日更新

8月8日

8月8日

駐在員が小学生の時、読書感想文でインドのストリートチルドレンの本を読みました。その中で印象的だったのは、「彼らが裸電球ひとつで勉強している。」と言う文章です。
裸電球すら知りませんでしたが、貧しさが伝わってくる一文でした。
しかし、カンボジアの学校には電球が一つもありません!!

201608082

 

201608083

今回太陽光パネルの設置に伴い電球が学校に来ました!
201608081
校長は「雨でも勉強ができる」と大変喜んでいました。
生徒たちが勉学に励んでくれることに期待です!!

2016年8月8日更新

8月2日

8月2日

1枚目の写真を見て、何を感じるでしょうか?
201608021
きれい、何もない、いい天気、色々な意見が出ると思います。

201608022

ここは2枚目の地雷被害者の方の裏庭です。
ここから3キロ先には今日も地雷撤去が行われています。
1枚目の様な農業ができるようになるまで、数年は短くてもかかるそうです。
きれいな場所に戻すのがいかに大変か、地雷の恐ろしさを感じます。

2016年8月2日更新

7月26日

7月26日

本日はエマージェンシーホスピタルにてRachnaさんと今期のラジオ出演者のミーティング開きました。
201607261
エマージェンシーホスピタルは地雷被害にあった方が最初に行く病院ため、現在でも何名か地雷被害者います。
そのことも踏まえ、いろいろなアドバイスをRachnaさんからいただき、収穫の多いミーティングなりました。

2016年7月26日更新

7月12日

7月12日

ひまわり会の皆様ボップイ小学校にある「ひまわりの泉二号機」にひまわり会様のマークを描きに来ていただきました。
201607121
以前は真っ白だった貯水タンクも魂が込められたように輝いております。
201607122
他三面は子供たちが思い思い描き素晴らしい作品になったと感じます。英語ができる子もいてうれしい言葉書いてくれました。
201607123
後は雨が降って貯水タンクが使えるようになるのを待つだけです!!

2016年7月12日更新

7月8日

7月8日

雨季に備え田植えが始まりました。

201607081
日本とは違い苗からではなく、種からまきます。
広大な面積を手作業で行うため、2週間かかるとのこと。

201607082
種を入れたバケツは50kgもあるため少し体験しただけで汗だくでした。
種まきには地雷被害者もいらして、大変厳しい労働環境だということを実感しました。
201607083
目印に使うものもとても古典的で味があります。
早く雨が降るといいですね!

2016年7月8日更新

6月23日

6月23日

ボップイ小学校にくる人は、休む木陰が少ないと思うことが多いらしく、校長の提案でマンゴーの木を植えました。

201606233
次の日には生徒たちが、牛に食べられないよう囲いを作ったとのことです。
生徒だけでできることに驚愕するとともに、彼らが責任を持って管理していることに感謝です。
201606231
そして、生徒のことを一番に考える校長のいる学校は最高です!
201606234
最後にバナナの葉っぱのお昼ご飯でした。珍しい物も経験できます。

2016年6月23日更新

6月8日

6月8日

カンボジアで数十年に一度の旱魃発生

日本語でも記事になりましたが、雨季のはずがほとんど雨が降りません。雨量が少ないからか、都市部でも断水や停電が頻繁に起こっています。未だ病気などが流行っているといった報告はありませんが、対策は重要です。国単位でなく、村、地域単位での食料の貯蓄、ため池の建設などが必須です。

201606081

写真1:バッタンバン市内の川の水位が低すぎる。

201606082

写真2:本来であれば川となっている場所

2016年6月8日更新

< 1 2 3 4 5 >

CMCからのお知らせ